前へ
次へ

ワセリンの意外が使用用途

コンビ二や薬局などで目にするワセリンですが、今回はそのワセリンの意外と知られていない使い方についてご紹介したいと思います。ワセリンというと、保湿など美容の用途で利用する人がほとんどであると思います。しかし、主成分が油でできているので、例えば靴擦れ防止のための薬としても利用できるのです。登山やちょっと遠くに旅行にいって長く歩くことがわかっている場合は、あらかじめ靴擦れをおこしそうな場所にたっぷりと塗っておくと潤滑油としての役割を果たし、炎症を予防してくれます。また、虫さされにも効果覿面です。虫に刺されてしまった患部へ直接ワセリンをたっぷり塗り、その上から絆創膏などでカバーをすると驚くほどにかゆみが収まります。一度試してみてはいかがでしょうか。

意外と知られていないワセリンの用途

ワセリンというと、美容目的として保湿の効果をもったものと認識されていると思います。しかし、美容の目的以外にも、ワセリンには意外と知られていない使い方があるのです。それは、革製品の保護です。革製品は一度だめになってしまうと修理費用も高額で、いつか治そうとついついタンスのこやしにしてしまったりそのまま捨ててしまったり、と残念な最期を迎えることが多いです。しかし、使っている革製品のベルトなどにワセリンを塗ることで革製品の乾燥を抑え、長持ちさせることが可能となるのです。同様に、革の靴などにも効果覿面で靴磨きとしても利用することが可能です。もちろん簡易的な補正となるのでしっかりと補正をされたい場合は専用のクリームなどを購入することを推奨しますが、代用品としては利用可能です。

Page Top