前へ
次へ

ローズヒップの効用と美容の関係とは

一般的に美容とは肌や髪、顔などを美しく整える事を指します。また美容のケアとしては外側からのケアと内側からのケアが挙げられており、効果のある成分についても年々研究が進んでいます。美容に効果があるとして挙げられる物がローズヒップです。ローズヒップは南米のチリに咲く野バラの実ですが、チリでは「若返りの秘薬」とも呼ばれています。ローズヒップには様々な効果があり注目されています。まずはビタミンCの含有量が多い事です。ビタミンCは肌の代謝を促す作用があり、この含有量がレモンの約9倍となっています。その他にも疲労回復に役立つビタミンや抗酸化作用もあると言われています。しかしローズヒップをお茶として飲用した時は効果が約30%前後と言われているので実まで摂取する事が大切です。

ローズヒップの栄養価や効果

ローズヒップとは、バラ科の植物の果実です。爽やかな酸味があり、お茶の原料として使われています。味わいだけでなく、栄養価の面でも優れています。ローズヒップには、レモンの約20倍ものビタミンCと、ほうれん草の約10倍もの鉄分、レタスの約10倍もの食物繊維が含まれています。いずれも、美容と健康には欠かせない栄養分です。ビタミンCには抗酸化作用や美白効果、鉄分には貧血を予防する効果、食物繊維には整腸作用やダイエット効果があります。そのためローズヒップから作られたお茶は、美容と健康のために多く飲まれています。さらにストレスを緩和する作用もあります。そのため、飲むことで体の内外だけでなく、精神面でのケアもすることができます。

Page Top